ローンの返済と車の維持費で

自動車を購入するときは、自動車ローンを組んで購入する人が多いと思います。

車の維持費にはなにかとお金がかかるものです。

自動車ローンを組んだときには、その支払い分だけを考えていてはダメで、様々な車の維持費についても考慮に入れながら支払い計画を立てることが大切になります。

車の維持費にはガソリン代やオイルの交換代、車検の費用、高速道路の料金、タイヤにかかる費用、駐車場代、自動車税や任意保険にかかる費用などがあります。

ローンを組んだときにはこれらの負担分も考えながら、返済プランを立てる必要があります。

自動車ローンをはじめとして、ローンを組んだときには金利が付きものと言えます。

借り入れたお金については金利分を付けくわえて返済する必要がありますので、金利についての知識を持っておくことも重要です。

金利には固定金利型と変動金利型があり、固定金利型は金利がすでに決まっていて将来にわたって変わることのない金利で、変動金利型は金利が変動しますので返済額が将来変わる可能性があります。

一般的には固定金利型よりも変動金利型のほうが低金利に設定されていることが多いですが、支払い計画の立てやすさや将来のリスクを減らすのであれば、固定金利型がおすすめとなります。

ローンを組むときに大切なポイントとして、短期間のうちにたくさんの借り入れの申し込みをして金融業者の審査に落ちると、その結果がそれぞれの金融業者同士が情報を共有している信用情報機関において記録が残ることになります。

そうなってしまうと金融業者の審査が通りにくくなってしまうので、注意が必要になります。

複数の借り入れの申し込みをする場合には、半年の間に2社以内までのローンの申し込みに抑えることが審査に落ちないための目安と言えます。

一般的に支払い計画を立てるときには、毎月の収入と比較して支払っていく上での負担額の割合が、月収の20%以内に収まるようにすることが、返済していきやすいローンの使い方と言えます。